<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2016.12.16 Friday  | - | - | 

<後期高齢者医療>苦情相次ぐ 保険料まとめ払いは「滞納」

[ - ]
<後期高齢者医療>苦情相次ぐ 保険料まとめ払いは「滞納」

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081015-00000048-mai-soci

10月15日12時21分配信毎日新聞最大625万人を対象にした年金からの保険料天引きが15日、新たにスタート、65〜74歳(前期高齢者)の天引きも始まった。役所側のミスで二重払いになったケース、今回初めて天引きした自治体などもあり、役所には朝から問い合わせや苦情が相次いだ。今回から対象者になった東京都足立区南花畑の都営団地に住む芝宮忠美さん(66)に9月下旬、2カ月分約2200円の国民健康保険料が年金から天引きされる通知が届いた。ずっと口座振替だったため、区役所の窓口で「10月からも続けたい」と伝えたが断られた。口座振替が認められるには、過去2年保険料の滞納がないなど条件が必要だ。3〜4カ月まとめて払う習慣だった芝宮さんは滞納があると見なされた。地域の年金相談活動の中心でもある芝宮さんは9月、65歳以上の住民ら約300人に制度の是非をアンケートした。回答者約180人の半数が保険料の支払いに口座振替を利用していた。ほとんどが数カ月ごとにまとめて払っており、芝宮さん同様、天引きになることが分かった。「天引きは便利と言うが、これは先取り。今月は冠婚葬祭費がいるから節約し、来月これを払おうといったやりくりができない」と話す。妻雅子(77)さんと合わせ、月額約17万円の年金収入で暮らす。雅子さんは4月から後期高齢者医療制度に加入した。年収120万円以下なので、保険料は負担軽減措置で、10月から年約1万2000円が約6000円になった。それでも、3月まで夫婦で年2万2000円(10カ月分)だった保険料は、夫婦で約1万7000円に減った。老夫婦にとって、負担増は生活に重くのしかかる。

[引用元:Yahoo[社会(毎日新聞)]]

手作り化粧水で美白 冠婚葬祭での服装マナー エナメル靴でおしゃれ
2008.10.26 Sunday 02:31 | comments(0) | trackbacks(0) | 
<< サユリ「沖縄で女性の霊にとりつかれた」 | main | 映画『ROOKIES』の熱い男たちをナマで観戦! エキストラ出演者を募集中 >>

スポンサーサイト

[ - ]
2016.12.16 Friday 02:31 | - | - |